天津市の無償で寄付した造血幹細胞の採集は8万例になった。
『今晩新聞』  2017/11/11 17:50:09

先日、天津医科大学は「践行十九大精神 爱心延续生命」を主題として、第16回の造血幹細胞の採血入庫イベントを行った。中国共産党員、この大学基礎医学院の五年制の2014学年の学生である張不凡さんは現場で天津医科大学の第6000名採集者になった同時に、天津市の第8万例の無償で寄付した造血幹細胞の採集者でもあった。

2002年、天津医科大学の基礎医学院は天津市初めて骨髄の寄付を提唱した。2015年に25名の中に卒業生と校友たちが寄付した造血幹細胞がある。全国12省、市の25名の患者がそれで救われた。天津市の成功寄付した割合の12.44%を占めている。「用热血标记一个有温度的职业」と言われている。(記者 江珊書く 王晓明 撮影)

编辑:aiqiu