二年間の巡回演出は全国を歩き回った。
評劇『红高粱』は百回記念演出は天津に戻る
『今晩新聞』  2017/11/11 17:39:20

図は『红高粱』の第百回の記念演出『今晩新聞』記者 張立 撮影
図は『红高粱』の第百回の記念演出『今晩新聞』記者 張立 撮影

先日、アラブ首長国連邦の首都アブダビで閉幕した第44回世界技能コンテストに中国を代表した参加した天津市電子情報高級技術学校の教師である梁嘉伟先生は情報ネット線路配置の項目のチャンピオンを勝ち取った。これも天津市初めて世界技能コンテストの金メダルであった。先日、梁嘉偉先生が北京に帰って、記者の電話インタビューで先生は「世界技能コンテストは誰でも一生涯一回だけである。だから今回に金メダルを勝ち取れて、とても幸せと感じた。国内のコンテストと比べれば、今回のコンテストは工芸精度に対して、更に高い要求がある。すこしの間違いをしてはいけないので、我々が世界級の大国職人間の格差を気づかせた。まだ続いて努力する」と言われた。梁嘉偉先生は「習近平総書記は第19回党大会の報告の中で職業教育を完備し、生産と教育の融合を強める。一人の職校教師として、国家がこのように職業教育と技能人才の育成を重視して、私はとても感激する同時に、責任が重く、道程が遠いと感じた。今後、最初の目標を忘れずに、力を尽くして歩いていって、多くの大国職人を育てる。」と表した。

評激『红高粱』は莫言さんの小説『红高粱』で改編したのである。贾璐さんがシナリオ・ライターで,张曼君さんが監督して、曾昭娟さんは主役として演じした。その晩の演出はこの劇の第百回の記念演出であった。2015年に評劇『红高粱』は天津大劇院からの初めたのであった。第百回の演出はこちらに戻った。この叙事詩評劇は北京、上海、河北、陕西、浙江、寧夏等を経て、全ての行った所では観衆の熱烈な歓迎を受けられた。この二年間で、この劇は2015年の国家芸術基金援助プロジェクトに入り、2016年に国家舞台芸術精品創作補助工程の重要な補助劇に入り、2016年に全国舞台芸術主な創作劇のカタログに入り、そして2016年の第11回の中国芸術際と上海国際芸術際時に異彩を放った。

その晩の演出は舞台の配置からライトの使用などまで「豪華精装バージョン」であった。曾昭娟さんが「九児」を演じて、孙路阳さんが「十八刀」を演じて、王昆さんは「曹梦九」を演じて、劇文林さんが「罗漢」を演じたのであった。役者さんはお互いに協力して、観衆に完璧、印象が深い演出をもたらした。(記者 王瑞豊)

编辑:aiqiu