天津の古い町の風景:東局子のフランス兵営
『今晩新聞』  2017/11/11 17:01:54

上の図は1911年の天津東局子のフランス兵営であった。フランス軍はサッカ―試合を用意していた。天津の開港してから、外国の租界を建立した。外国の居留民が入る同時に、彼らの文化と生活習慣をもたらしてきた。暇な時に娯楽、体育活動も行い、天津は各体育運動が行った早い地区になり、部分から全面に内陸部に広めていった役割になった。各国の駐軍は軍事訓練のあまりに、よくスポーツ試合を行った同時に、地元の政府組織の試合にも参加した。このように体育訓練管理と技能の伝播に対して、推し広めていく役割になった。(張誠)

编辑:aiqiu