京津地区では低温流通体系の物流の合作
天津と首都の生鮮活農産品の供給を保障すること
今晚新聞  2017/9/17 18:09:58

先日、北京市商務委、天津市商務委の共同主催した「京津冷链物流产业合作对接会暨天津冷链物流推介会」は北京で開いた。多くの北京と天津の企業はサービス合作項目をサインした。商品の取次ぎ販売、冷凍冷蔵の保存及び貨物の管理サービス、輸入貿易及び冷凍品の信託管理サービス、通関、検査、倉入れ等の項目を含んでいる。

紹介によって、天津冷凍庫の機能が揃え、標準も高く、国内先端レベルに達した。2016年末までに天津5000トン以上の規模の冷凍庫は42個がある。建築面積は延べ125.9万平方メートルで、建築容積は延べ318.1万トンであり、有効倉入れ倉庫の延べは140.02万トンである。冷凍庫の容量は全国の第五位で、平均一人の保有量は全国二番目である。全市の低温流通の運輸車輌は2289台で、規模がある低温流通運輸企業は27のメーカーがある。届出検証検疫、国家備蓄、保税等の特許経営権を備える冷凍庫は15個がある。主に鶏肉の品、海産物、バター、チーズを貯蓄している冷凍庫「-25℃~18℃」の庫容量116.41万トンに達した。果物野菜類を貯蓄している冷蔵庫「-5℃~5℃」と保鮮庫「0℃~5℃」の庫容量は20万トンに達して、ワイン、チョコレート等の恒温庫「5℃~15℃」の庫容量は3万トン近くに達した。ISO 9001国際品質システム管理認証を可決した冷凍庫は12個があり、ISO 14001環境管理システム認証を可決した2個があり、OHSAS 18001職業健康管理システムの認証を可決したのは2個がある。天津市低温流通産業は主に沿海物流地区と京津廊下地区物流发展の所に集中した。市の供給を保障した同時に首都の市民生活と消費の需要も満足している。《今晚新聞》記者 翟维鹭  馬明

编辑:杨晨