天津で生産した自転車がチャンスを利用して、「出海」
初めての6000台のシェア自転車がタイに入り
渤海朝新聞  2017/8/28 15:49:49

中国の「新四大発明」と言われた一つのofo小黄車は不思議な黄色の旋風のように世界各地に入る。先日、ofo小黄車は正式にタイの市場に入った。はじめての投入は約6000台であった。そうしたら、タイはシンガポール、アメリカ、イギリス、カザフスタンに継いで、ofo小黄車は国際化の道での五番目のジグソーパズルになった。天津はofo小黄車の主な生産基地なので、天津で生産したシェア自転車もこのチャンスを利用して、「出海」となった。

この前に、ofo小黄車は既にバンコクにあるタイ国立法政大学で一ヶ月の運営してみた。杙なしのシェアの新方式が大学と学生たちにいい評判された。次に、ofo小黄車は続いて「学校から、都市までの輻射」の市場策略で、まず、大学集中の所に入れ、それから徐々に都市に拡大していく。報道によって、ofo小黄車は毎月5000台以上の速いスピードで、タイの市場に投入する。

天津はofo小黄車の主な生産地の一つその中、今年の4月に、ofo小黄車は天津にある世界最大の自転車メーカー富士達と戦略合作協議をサインしたが、毎年、富士達から1000台を超える自転車を得て、これもシェア自転車行業では今まで最大な一つオーダーであった。

『渤海朝新聞』記者 于強

编辑:姚梦