世界チャンピオンは地元の金メダルの大切
ブリッジ特級大家である趙傑さんは地元で実現した全運会のチャンピオン願望―ー
今晩新聞  2017/8/4 17:57:26

趙傑さんはプロブリッジ選手であり、世界ブリッジ特級大家であり、世界チャンピオンをとったことがある。長年に海外に住んで、今回は故郷を代表して、全運会に参加した。協力不慣れ、訓練時間が短いなどの困難を克服し、天津チームを引率し、全運会の大衆試合のブリッジ団体決勝戦のチャンピオンを取った。

全運会の大衆試合のブリッジ決勝戦の中で有名な選手の一人として、趙傑さんは名人の振る舞いがないで、天津人の爽快があるだけだ。長年の海外に住んだが、故郷の訛りが変わってこない。生粋の天津弁はとても親切感が感じられた。天津を代表して全運会に参加する感想を聞かれて、彼は「何の感想ですか。なんといっても責任を持って、気分がいい」と言った。」

プロ選手として、趙傑さんの道のりはとても忙しい。しかし5月に天津市ブリッジ学校校長張洋さんの電話を受けた後、何も考えずに天津に帰って、全運会に参加することを決めた。「故郷で全運会の試合に参加できるチャンスはとても得難かったが、このチャンスを惜しんで、特に生まれ育った故郷でチャンピオンをとって、非常に満足で、これは故郷の厚情に報いているのである。この金メダルは私の心の中で一番重要な一枚であった。」と言った。

長年に海外の試合に参加したが、趙傑さんは故郷のブリッジ発展をずっと忘れられない。「三年前に張洋校長が私にブリッジ学校を創立しようと言っていたが、私の考えは4、5年が必要だろう。しかし、彼は3年間で上手にできた。去年アメリカの試合は私も行ったが、15歳以下の子供はアメリカの同年齢の子供より強くて、これは私に嬉しくて、誇りがあるような感じさせた。」

ブリッジへの理解といえば、趙傑さんは自分の見解を述べた。「ブリッジは『中国語で橋牌という。橋は前、牌は後ろ』だ。これが表したのはまず人の交流が必要であり、人と人の橋を架けたので、この運動は交流、協力の意味を増やした。これは技術より大切であった。」記者 劉欣亮

编辑:杨晨