全国運動会マラソン大会の金メダルの誕生
今晚新聞  2017/5/19 18:13:40

マラソン試合の現場《今晚新聞》記者 宁 柯 撮影
マラソン試合の現場《今晚新聞》記者 宁 柯 撮影

第十三回全運会、はじめの試合はマラソンである。先日武清区で開催し、各項目の金メダルの誕生した。

激しい競争にわたって、金メダルを取る方は河北省からマラソンプログループの王佳麗さんである。成績は2時間33分36秒になった。青海省からの選手である曹茉婕さんは銀メダルを取り、河北省からの選手は華紹青さんは銅メダルを取った。女子プログループの優勝順位はモンゴル自治区、江蘇省、雲南省の選手である。男子プログループの試合は雲南省から来た董国建選手は2時間18分45秒で金メダルを取り、解放軍隊の杨定宏選手は銀メダル、新疆隊の哈斯木汗選手は銅メダルを取った。全運会の初めて以来、男子アマチュアグループの競走は山東省からきた選手運艷橋さんが2時間32分45秒で金メダルをとり、牟振華さんが銀メダル、游培泉さんが銅メダルをとった。女子アマチュアグループの競走は山東省からきた選手唐輝さんが2時間55分51秒で金メダルをとり、房広霞さんが銀メダル、石砚秀さんが銅メダルをとった。

今回のマラソン大会が申し込みの人数は10263人で、その中に、全程マラソンは4263人で、ミニマラソンは6000で参加した。試合はプロ男子、女子、女子団体;アマチュア男子、女子の五つの項目を設けた。そのほか、ミニマラソン大衆走りもあった。

今晩新聞の新メディア(今晩ネット、问津APP、ミニブログ、ウィーチャット)とマラソン全過程をテレビなどで生放送し、見る人も多いである。 记者 謝 晨  

编辑:杨晨