“旅行+”天津の旅行業に盛んにしよう
今晚新聞  2017/5/19 18:05:08

NK01ロボットと役者さんの踊り吴 蕊 撮影
NK01ロボットと役者さんの踊り吴 蕊 撮影

天津市の旅行業の繁栄を推進するために、“旅行+”のイベントは天津遊びに新しい活力を注いだ。観光客は今、天津の観光地を遊覧したい場所が多くなり、そして新たな遊覧地も相次いて出てきて、つぎにまた来たいという気持ちがあるといわれている。

天津の“歓楽谷”という遊覧地でキラキラにして、金属殻がついているロボットは人気があり、多くの人々に引き受けられているこのロボットの身長は2.2メートルで、体重が200キロ体である。歌と司会者できるだけでなく、舞台の上の役者さんたちと踊ったり、舞台したの観光客とコミュニケーションをとったりできる。このロボットの名前はNK01で、中国での始めて出てきた交流できて、娯楽のロボットである。今回、“歓楽谷”での表現が観光客に新たな科学的な魅力を高めた。観光地の責任者は次のように紹介した。今では、遊覧と鑑賞だけはお客様に満足できないで、次々に新しい項目を出てきて、“旅行+”の働きを発揮して、観光客にあそびきれないという感じがする。

 この間、終わったばかりのメーデーの期間中に、第四回五大道国際文化祭りも観光客にも豊かな文化旅行をもたらした。そして、ロシア、ブルガリア、スロバキア、タイ、フィリピン等の各国の歌舞団も観光客に各民族の踊りを踊った。多くの観客が足が止まって鑑賞される。この賑やかな雰囲気のなかで、広東省からのお客様である袁珊雁さんも思わずリズムにのって、手拍子をとりながり、次のように話した。“この都市に住んでいる庶民に羨ましい。美しい風景を楽しめるだけでなく、色々な文化イベントも参加できる。さっき民園広場で長廊下でChinaドレスの実演の前に先農大院でユーモアの実演をみた。後ほど、博物館に行って、本当に楽しい一日でした。”  記者 吴 蕊

编辑:杨晨