共用電気自動車は天津に登場した。
今晚新聞  2017/5/19 17:53:47

図 市民の共用自動車の初体験《今晚新聞》記者 劉乃文 撮影
図 市民の共用自動車の初体験《今晚新聞》記者 劉乃文 撮影

共用自転車のあと、Gofun共用電気自動車も天津に登場した。天津南開区の大悦城デパートの前に白い電気自動車が一列に並べ、市民の目に注目されたということを記者が見た“この自動車は何キロ走れますか。”“どこで充電するの?”“料金はどういうふに計算するの?”などが質問した。初めに天津に出た共用自動車は市民たちが好奇心をもって、スッタフに色々な質問を出した。担当者の紹介で、市民たちは携帯でGofunのAPPをダウンロードして、IDカードで証明して、登録が終わる。後で699の元の敷金を支払い、使用できる。

メーカーは今回が主に天津の南開区、河西区、河東区の70箇所の駐車場で200台の共用自動車を入れた。入れた場所は天津駅の後ろの広場、南開くの大悦城などの大型住宅集中地、大学城など地方である。今年の6月末までに600台をいれる見込みである。使用価額は“0.1元/分钟+1元/キロ”の方式で計算する。例えば、40分間で20キロを走って、支払いは4元の時間代、+20元のキロ代で、延べ24元である。今の登録者は“1元3時間”の無料乗用券を得て、はじめての使用は“0元5時間”のサービスをもらえる。

オープンの現場では多くの市民が心配するのはいざと事故があったら、損害賠償の条約である。それに対して、メーカーは“市民がレンタカーの時に10元の“不计免赔”のオプションがある。これを選択すれば、もし事故が発生したら、1500元以下の損害賠償、乗用者が負担しないと表した。割に大きな事故に対して、お互いに自動車保険を検討する。 記者 劉 宇

编辑:杨晨