<
>
最新の主要ニュース
世界の注目を浴びる中国共産党第十九回全国代表大会(十九大)は、中国の外国人留学生たちにも高い関心を呼んだ。

外国人留学生 「十九大」に熱い注目

世界の注目を浴びる中国共産党第十九回全国代表大会(十九大)は、中国の外国人留学生たちにも高い関心を呼んだ。
最近、天津市南開区にある華盈生鮮食品市場では率先してアリペイによる支払いが可能になり、市民たちは野菜を買う時もスマートフォンで店のQRコードをスキャンし、支払い金額を入力すれば簡単に決済することができる。

野菜を買うのもアリペイで

最近、天津市南開区にある華盈生鮮食品市場では率先してアリペイによる支払いが可能になり、市民たちは野菜を買う時もスマートフォンで店のQRコードをスキャンし、支払い金額を入力すれば簡単に決済することができる。
「第二回中米腫瘍精密医療サミットフォーラム」において、天津国際精密医療腫瘍センター(IPCC)が完成し、間もなく運営開始されることが明らかになった。

個別化腫瘍治療センター 天津で運営開始へ

「第二回中米腫瘍精密医療サミットフォーラム」において、天津国際精密医療腫瘍センター(IPCC)が完成し、間もなく運営開始されることが明らかになった。
新しく完成した唐ゴマ広場でほかの同年輩の仲間と一緒に、毎日唐ゴマを回す範学建さん(六十六歳)。範さんは公園の唐ゴマチームのメンバーで、「西沽公園が再整備されて、施設の整った環境の良い公園になりました。

ライフスタイルを豊かにする「恵民プロジェクト」

新しく完成した唐ゴマ広場でほかの同年輩の仲間と一緒に、毎日唐ゴマを回す範学建さん(六十六歳)。範さんは公園の唐ゴマチームのメンバーで、「西沽公園が再整備されて、施設の整った環境の良い公園になりました。
元「動物園エリア卸売市場」のテナントにとっては商売が続けられるだけでなく、「インターネットと卸売市場の融合」という商業モデルが、より魅力的な要因となっているという。

北京動物園エリア卸売市場のテナント

元「動物園エリア卸売市場」のテナントにとっては商売が続けられるだけでなく、「インターネットと卸売市場の融合」という商業モデルが、より魅力的な要因となっているという。
先日、天津医科大学は「践行十九大精神 爱心延续生命」を主題として、第16回の造血幹細胞の採血入庫イベントを行った。

天津市の無償で寄付した造血幹細胞の採集は8万例になった。

先日、天津医科大学は「践行十九大精神 爱心延续生命」を主題として、第16回の造血幹細胞の採血入庫イベントを行った。
2017年11月15日《今晚报》日本語2017年10月30日《今晚报》日本語2017年10月15日《今晚报》日本語2017年9月30日《今晚报》日本語
<
>